大腿直筋が硬い

体のしんどい部位ってのは、しんどいにもかかわらずそのしんどさに慣れてしまうため、異変に気づきづらい。

自分も寝る時にうつ伏せで片足を上げたり、なんとなく、足がしんどい気がするという状態を何十年も抱えていた。

 

しかし、おかしいものでしんどいという思いを抱えながらもなんとなく違和感と付き合いつつも生活はできてしまう。

 

自分の中ではそれは、太ももの前側。

なんとなくだけど、カッチカチに硬い。

足が突っ張る感覚があるので、すこしピッタリ目のズボンを履くととんでもなく疲れてしまう。

 

ぴったりめなズボンは、足を上げる時につっぱるのだ。

ズボンを履いていない状態でも足が突っ張る気がするのに、ズボンでそれを助長させたくない。

だから自ずと緩めなズボンを着用するくせがついた、

 

寝る時に足を上げると楽になる、

それは太ももの前側。大腿直筋がはらない状態を一番楽な姿勢としてとっていたからだったのだ。

 

体のしんどさは、普段の生活の中に隠れている、

今一度自分の生活に目を向けて見るとよさそう。

 

 

自分は他にも肩周り首周りも気になる。

そのあたりも、どの筋肉が突っ張っているのかを調べる必要がある。

 

なんとなくしんどいなあ、

その気付きに耳を傾けることが重要なようだ。