いなフリ泣いても笑ってもあと3日

泣きでも笑ってもあと3日


いなフリ同期のツッチーの言葉を拝借した。
人一倍面倒見がよく愛らしい真面目で躍進してる彼女をぜひチェックしてくれ!!

 

いなフリ残り3日にして、
東京の自分コンパスの飲み会に向かう電車の中でふと気づいてしまった。

俺は何かよくわからないものにひたすら遠慮しているぞ。と。


何かに対してものすごく顔色を伺う。動きたいスピードで動けていない。
ゆっくりスローで着実に一歩一歩。
そんな感じで、他者との自分の差に辟易。
まじで久々の学びと自分を見失っていて疲れてしまった
もっと俺は爆発したいんじゃねえのかと!

そして、舞台に立って元気にやっていた時はバリバリにぶち上げまくっていたじゃないかと!!
演劇や恋愛の挫折で僕の心はポッキリ折れてしまって、そんな過去の自分を忘れていたけれど、なんの表紙が思い出してしまった。

俺、たぶん頭おかしくなりたいんだなと


あつきくんが言ったことが頭をよぎる。

農作業で手の皮を向けた僕に対し
「すごいですね、手の皮剥けるほどやれて、それ才能ですよ」
言われた時はまったくピンときてなかった。

でも確かに農作業していた時は何も考えずただ楽しくやっていた。結果手の皮が剥けた。


僕の憧れの演劇の先輩エピソードは

演技に熱が入りすぎて、
地面を殴って、腕を骨折する

これめちゃくちゃカッコよくて、後先考えない感じがパなくて。


思い切り命を投げうてるような、熱さや熱量がそこにはあって、ああまじかっこいいなとおもったんですわ。


僕の憧れるハチワンダイバーの右角は
音楽を聴くと人が変わる

僕も舞台に立っている時は、そうでありたいなと、そう思ってその名をつけたのだった。


まじで、いつからいなくなっちまったんだよ、あの熱力はよ!


あと3日。

いなフリはあと3日だ。

確かに知識はえたが、弱々しい自分は変わらずただただ他人に怯えて、心が疲れていた。

自分の心の小さな火を守りぬいて、ひっそりと傷つくものから避けて生きていた。

でもそれではいけないのだ。
いけないんだよ。

心の焚き火は、巻をくべないといけない。
そうしなければ小さくなるだけなのだ。

もっと燃やせもっと燃やせ。

命を投げ捨てるような勢いと想いを忘れるな


俺はやれる俺はやれる俺はやれる。
絶対に過去の自分に勝てるしめっちゃ強え。

一番強い自分をあと3日で更新してやる。


今までだったら寝たら忘れてしまっていたが、
今の自分を見失わない方法はいなフリで、ぼりさんにたくさん学んだはずだ。


自分を見失わないぞ。自己肯定感低いこと受け入れてんじゃねえよ!!

戦えよくそやろう!!!

絶対にもう自分に負けてやらねえぞ。くそ、
もっと大きい声を出して、大きく動かして弱々しい自分を演じて安心するのは終わりだ。

戦だぞこれからは戦じゃ!!!戦じゃ〜〜!!!