負け癖がついている

いつからだったか自分に負け癖がついている。

 

若い時は無敵だったと感じる人間は多いだろう。

自分だってそうだった。

2010年、自分の劇団を作った。

その2~3年は本当に自分に才能があると思っていたし、演劇の神様が愛してくれていると思っていた。

作品もあの頃が一番輝いていた。

そんな折、女性問題で劇団はほぼ壊滅。

それでもだましだまし創作を続けるも、どんどん落ちていく。

 

よく考えたらあの頃あたりから、人間関係に恐れを抱くようになった。

そして、自分はダメな人間だ。と思うようになっていた。

 

作品を作ってもうまく作れない。

人間関係も、仕事も、なんかうまくいかない。

続いて1年、毎回違う理由だが、結局1年で頑張れなくなってしまって、やめる。

最後の3ヶ月はやめる事を目標に頑張っている。謎だ。

 

好きな人にもアプローチもできぬまま終わってしまった。

すべては考えなしに動いた結果だ。

そして今も考えなしに動こうとしている。

 

が、それがダメなわけではない。

負けるつもりがないからだ。

 

僕は、負けるつもりがなく、挑戦する気持ちをもっていきていたら

絶対に、絶対に、落ちぶれなんてしないんだ。

齢30歳手前。負け癖がついていた。

自分の事がわからず迷走していた自分は、

いつのまにか負けて当然、自分はダメなやつだと思うようになっていた。

 

俺は負けない。

自分に絶望なんかしない。