読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

演出家が役者に求める最低限の5つの条件

f:id:geboukaku:20170326192530p:plain

おはようございます!

名古屋で演劇をしていますウカク81(@ukaku81)です!

 

今回は、

演出家が役者に求める最低限の5の条件を書いていきたいと思います。

 

 

演出家が役者に求める最低限の条件1

 

当日の遅刻、欠席をしないか。

 

そんなの当たり前だろ~~って思いましたよね?いや本当にその通り、当たり前の事なんです!でも、これがなかなか出来ない・・・

 

もし今までに演劇に参加した事がある方は思い出してみてください。その公演、全員が遅刻欠席をせずに乗り切る事ができましたか?

 

たぶん大学サークルや、学生上がりの社会人劇団は、ほぼ 全滅 なんじゃないかと思います。

 

演出家ってのは、稽古前には役者の出席状況に合わせて、シーンや演出を練っています。それもその日の稽古だけじゃない。公演までの稽古日を逆算して、今何をすべきかを考えています。

なので、一人役者が遅刻しただけでその計画が全部パー。すべての計画を1から練り直し・・・

 

いや、わかりますよ!致し方ない理由があるのもわかります。(そういう僕も遅刻常習犯)

それでも、演出家からしから、知ったことか!って話なんですよ。どんなに良い役者だったとしても、稽古に遅刻ばかりして、当日欠席も多い。なんて役者は次回からは呼ぶことはないでしょう。

 

その分、稽古にちゃんと来る役者に対しては、演出は絶大な信頼を持ちます。

 

 

演出家が役者に求める最低限の条件2

 

 周りとコミュニケーションが取れているか。

 

演劇は一人でやるものではありません。全員で1つのものを作り上げる芸術です。

周り参加者と馴染めていない、馴染もうとすらしない。そんなリアルでも他の参加者と関係性が薄い役者が、芝居中にちゃんとした会話なんか出来るわけがない!

 

 公演という1つの一大プロジェクト、ある意味戦争。顔見知り程度の関係性で、成功なんてできっこない。

 

座組、特にCAST同士なんて、仲間であり、家族であり、友人であり、ライバルなのだ。ケンカして川原で殴り合って来い!

 

演出家が役者に求める最低限の条件3

 

自発的かどうか

 

 こういう言葉を聞いたことはないですか?

「演出がダメ出しをくれない。ダメ出しくれないからどうしていいかわからん!」

 

何もダメ出しされない場合、もしかしたら100点満点なのかもしれません。が、そんな事はほとんどありません。

そもそもダメ出しってのは、役者が違う方向に進んでいる時に方向修正する為のモノなんですよ。ダメ出しされないってのは、よく言えば、可もなく不可もなく、悪く言えば、無 無なんですよ。方向を修正するまでもない、そもそも道を間違える以前の問題。

言い方きついですが、評価するに値しない。の、かも知れません。

 

指示を待つ役者は、いつまで立っても上達しません。

ダメだしくれないなら、いっその事思いっきり道を間違えちゃいましょう。案外その方が演出に気に入ってもらえるかもしれません。

 

 

演出家が役者に求める最低限の条件4

 

アンテナを張っているかどうか

 

演劇というものは人間が表現をする芸術

役者が何を媒体に日々生きているかってのは結構大事です。

 

何でもいいのですが、最低限好きな物に対しての、情報感度を高めているか、とり逃さないようにしているか、意識を向けているか、というのはとても大事。

アンテナを張っているかいないかで、その人間の感覚の鋭さが全然違います。

 

 

演出家が役者に求める最低限の条件5

 

精一杯やっているか。

 

もしあなたが役者をする時に、これぐらいでいいかな?ここまでしか無理だな。ってな感じで、自分でブレーキや限界を決めていませんか?

余力を残していませんか?

 

それ、きっとあなたの役者としての成長を妨げる一番の原因です。

思いっきり出し切れていない。稽古が終わった後、大して疲れない。本番が終わった後も全然動ける。

 

これって、役者としてもったいないと思いませんか?

下手でも見苦しくても、最後の最後の一滴まで搾り出せないと、そこから先にはいけません。

そして、演出は、その演技をしてくれないと、本当の演出はつけられません。

余力がある状態の演技に演出つけたって、どうしようもないのです。

 

演出家は、最後の最後の一滴まで搾り出せる。突き詰めて突き詰めて、ヘトヘトになっても、さらに搾りカスから搾り出す。そんな、精一杯やれる役者を、演出は求めています。

 

そして、それを出来て初めて、

一般人から 役者 になれるんだと思います。

 

僕は、この精一杯やる。を、どれだけ突き詰められるかが、良い役者の条件だと思っています。

 

 

だらだらと長く書いてしまいました。

まとめ!

  1. 遅刻欠席しない!
  2. 座組とは仲良く!
  3. 自発的に動こう!
  4. アンテナを張ろう!
  5. 余力を残さず出し切れ!!!!

以上の5点。これさえ出来れば他の役者から頭一つ抜けれる事間違いなし!!

 

 

と、とんでもなく上から目線で申し訳ないです。

でもこれを読んで役者ビギナーな方々の

良い役者に近づく手助けになったら幸いです。

 

 

では!